RSS | ATOM | SEARCH
ぷよクエ リアルタイムバトルまとめ 攻略・戦術

リアルタイムバトルは勝つ条件として、主にぷよ配色と配置・落下ぷよ運によるものが8割を超えてるレベルといっても過言ではないですが、今回のメモは残り2割の運要素では無い部分を最大限補うことが目的です。

 

wiki等に載っている情報を含めより一層踏み込んだ戦術や他所ではあまり見ない考察を交えて紹介します。

 

4倍タフネスのいわゆるサマナー環境を見越して書いています。

ですます口調が混ざってるのもご愛嬌で・・・。

 

協力:ギルドメンバーさん

 

正直早くこの環境終わってくれないかなーと祈っております。

 

(検索用:ぷよクエ バトル 攻略 戦術 おすすめ デッキ ぷよぷよクエスト リアルタイムバトル 勝率 勝てない 対策 戦略)

●デッキの組み方と勝敗判定について
・コンビネーション (重要度☆★★★★)
コンビネーションは絶対組むべきです。全ステータス1.2倍はかなり大きいので、あまりにも弱くならない限り多少ステータスを妥協してでもコンビネーションを組んだ方が吉。
ただ、体力が上がってしまうとバランスが悪くなる場合もあるので必ずしもその限りではありません。理由は次へ。

 


・体力が高いカードを2・3デッキ目に配置

(重要度★★★★★)
勝敗判定は、
,全滅で敗北
,タイムアップ時、デッキ全体の素の合計体力の比率が多い方が勝利


基本的にこの2点ですが、「供廚慮率を高めることによって勝敗に大きな差がでます。


例えば、お互いに1・2デッキ目が倒され、無傷の3デッキ目同士になってタイムアップした時、勝敗判定は「3デッキ目の体力の差」ではなく、「デッキ全体の素の合計体力の比率が多い」方が勝利となります。
従って、デッキを組む最大の条件は1・2デッキ目の体力をなるべく低く、3デッキ目の体力をなるべく高く編成することが望ましいです。

 

例:素の体力が以下の場合・・・
自分
1デッキ目:2000
2デッキ目:3000
3デッキ目:5000

相手
1デッキ目:3000
2デッキ目:4000
3デッキ目:3000

 

この編成でお互い3デッキ目同士無傷でタイムアップしたとします。


自分は残り体力5000で全体比率50%を残し、相手は残り体力3000の全体比率30%なので、相手の負けになります。

また、「素の体力」が高いことが条件です。リーダースキル(以後LS)によって体力補正されていても、上記の例の状態になったとき同じ判定になります。


3デッキ目は攻撃力が高くなるので好きなカード、切り札カードを配置したいところですが、体力も攻撃も強いカードを置くのが理想です。

 

 


・デッキのリーダー色(重要度☆☆☆☆★)
ベストール、ティルラ、ローゼマ > レガムント > 赤アミ、黒シグ、白フェーリ >(LS発動率意味でうるるー、黄サタン、はりきるドラコ)>LS倍率3.5倍、賢者等>その他。
という環境といっても過言ではないので、不利属性になりにくい色をリーダーに据えたデッキ編成が望ましいです。
可能性として赤アミと白フェーリもまだまだ多いので青リーダーのデッキで有利につける場合がありますが、もうそこまで考えなくてもいいと思います。

 

 


・単色派か多色派か (重要度?)
正直どっちでもいいんじゃないかと思ってます・・・。
単色は爆発力があるが、不安定。
多色は爆発力は低いが、安定する。チャンスぷよあるとかなり強い。
正直どっちも強いです。
理論で言えば、5色の中から1色だけを消さなければならない単色が弱そうですが、サマナーデッキでタフネスが入り、攻撃色を消せる確率が格段に上がっているのでサマナー単色が強いのは間違いないと思います。
ちなみに僕は「主属性もメイン色副属性派」です。

 

 


・デッキ編成オススメカード (重要度☆★★★★)
1・2デッキ目で注目のカードは攻撃タイプの「星天シリーズ」。
攻撃2000前後・体力2700以下の副属性持ちという脅威の高水準カード。体力を下げつつ攻撃力発揮したい場合は絶対オススメ。
特にルクバトは黒シグやベストールデッキで、ダビーは赤アミとローゼマデッキにも活用できるので攻撃+100振っても全く問題ないと思います。(今後出ると思われる青のサマナーがガールズとは限りませんが)

 

攻撃2000前後・体力3000以下の「星の魔導師シリーズ」、
攻撃2000前後・体力3200前後の「悪魔バンドシリーズ」、
攻撃1950前後・体力3000前後の「童話シリーズ」、
攻撃2100前後・体力3600前後の「初代シリーズ」、
攻撃2050前後・体力3500前後の副属性持ち「呪騎士シリーズ」等、高水準カードは結構多い。お好みのバランスで。

 

体感ですが、攻撃力は2000無いと環境についていけてない感が強い気がします。
LSも攻撃倍率3倍がもはや最低条件。多色でも単色でも3倍以上ないと現環境で火力勝負するには酷な話です。

 

 

3デッキ目オススメのカードは「魔獣シリーズ」。
イベント配布カードでなおかつ、全カードの体力ランキング上位6位のうち5色全てランクインする体力の高さを持つため、迷ったら魔獣3枚で固めるのが定石。


攻撃力は1460前後と今の環境では低い部類ですが、LSが体力タイプなら色を問わず攻撃3.5倍の高倍率を持つので火力も期待できます。全員ガールズなのでコンビネーションも組みやすいです。

 

デメリットは体力も3分の1となるので、少しでも攻撃を食らうと落ちてしまうのが難点ですが、3デッキ目は戦わずして終了することも多いのでそこまで気になりません。むしろ気構えとしては3デッキ目まで到達したらほぼ負けみたいな気分でプレイしましょう。勝てたらラッキー程度に。


3デッキ目でも勝ちに行くなら魔獣シリーズ黄色のウーニャ、うるわしのルルー(通称うるるー)、ロックなハーピー(通称ロッピー)で編成すると、全色構成かつ火力も期待できる多色パになります。うるるーリーダーで4倍率の攻撃も可能。

 

もちろん、現時点で3種類のサマナーカードがあるので全てサマナーで統一するのも良いですが、仮に5回被弾したら体力1で時間も無くなりその時点でほぼ負けが決まっているはず。5回も被弾すること自体が負けに繋がってるので、サマナーは1・2デッキ目に配置し、3デッキ目は体力特化にすることで勝率アップに繋がるかと思います。

 

 


●戦略について
・なぞり消しができる回数 (重要度★★★★★)

 

「○れんさ」と表示されるアクションが2回続くとそのターンのなぞり消しは終了します。
「○れんさ」と表示されるアクションが無いぷよ消しであれば、相手がぷよ消し中であれば3回なぞり消しできます。また、画面端のぷよを消して連鎖をしない「即消し」した場合は4回以上なぞり消すことも可能。


「○れんさ」と表示されるアクションが発生するのは攻撃色及びハートBOXを巻き込んで2連鎖以上を行った場合です。(※この条件にあてはまらないで2連鎖以上した場合に3回以上なぞり消せるか未検証。)


従って、初期配置のぷよが悪くても初ターンは即効の整地をすることによってある程度悪い盤面を改善することができます。多色パが相手の場合2連鎖で必ず連鎖アクションが入るので整地できる時間が多いです。
ただ、相手がぷよ消し中もしくは攻撃が発生しなかった場合に利用できるテクニックなため、相手が1連鎖で終了したり「魔界王子シリーズ」「魔人シリーズ」など1個即消し戦術相手の場合は整地が難しい場合があります。

 

 


・色変えアイテムの存在 (重要度★★★★★)

 

相手の色配置を変えるアイテムは、相手が単色デッキの場合は盤面をよく見て使わないと勝敗に大きく関わってきます。落下運が悪くて仕方なく消えてしまう場合を除いて、盤面をよく見て対応しましょう。
そもそも特殊アイテムはなぞり消しで消すことができるので、無闇に使わないのも手。

 

 


・相手の盤面をよく見る (重要度★★★★★)★

 

なぞり消しできる回数がまだあるからといって追加でなぞり消しをすると、相手の2回目のなぞり消しが大爆発を起こして逆転されることがよくあります。
その時に応じてなぞり消しを放棄、最上段だけを消して少しでも整地、相手の攻撃力が上がったから応戦、相手の攻撃力が上がりすぎたからあえてこのターンを放棄して次のデッキに向けて整地、相手が単色だから追加攻撃されることを祈って攻撃色ぷよを減らす目的でわざとなぞり消す等々、相手の盤面を見ることによってできることは物凄くあります。必ず相手を見る癖をつけましょう。

 

 


・チャンスぷよの活用法 (重要度★★★★★)★


チャンスぷよは大連鎖が保障されるテクニカルなぷよです。


厳密に言えば、「必ず10秒+数連鎖分の時間を稼げるぷよ」です。


例えば、対戦残り時間20秒でこちら2デッキ目、相手が3デッキ目とします。この状態でチャンスぷよを消し、制限時間いっぱい使って全消しをすれば「全消し!」という表示も相まって平気で30秒使い切ることも可能です。


前述した「3デッキ目に高い比率で揃えた体力デッキ」を配置しておけば、こちらの2デッキ目が落ちても3デッキ目同士の体力比率差で勝利が見えます。


遅延行為ともとれそうですが、システムを悪用しているわけではなくルールに則っているのでれっきとした戦術です。時間を精一杯使うことで確実に勝てる場面はあるので積極的に狙う戦術でしょう。


また、正解通り消す必要もありません。目的の色が1連鎖目にある回答の場合、回答を崩して同時消しにした方が火力が出ることもあります。
何個か思いついた消し方があったのですが、既に自分のやってた消し方が全て掲載されているところがあったので詳しくは<こちら>をどうぞ。(サイト製作者不明につき名前などの記載なしとします。問題あれば削除いたします。)

 

 


・2デッキ目同士で体力1、相手体力満タンで敗北

(重要度★★★★★)★

 

サマナーデッキ同士で負けるパターンはかなりの確率でこの場合があります。


お互いタフネスなので3デッキ目まで行くことは少なく、2デッキ目同士でタイムアップ時に何故かこのパターンで負けるのは、サマナーLSのメリットでありデメリットでもあるからです。


体力が4分の1になることは、すなわち回復も簡単になること。体力が低くてもタフネスで耐えられれば体力比率差で逆転することは物凄く簡単なのです。

 

相手がこのターンで攻撃ぷよを使いきり、こちらは整地で次のターン大ダメージと回復が見込める盤面を作ることができたら・・・残り時間と相手を見て調整すると戦い方は大きく変わってくるはず。

 

 

 

 

●小ネタ
・全体攻撃について
全体攻撃の攻撃判定は「表示された攻撃力」ではなく、「表示された攻撃力×相手の数」です。
相手とはデッキ枚数です。大体3枚編成なので×3と考えていいでしょう。


つまり、くろいポポイの攻撃数値が500と表示された場合、1500として換算して攻撃判定されるということです。
表示された攻撃数値が低いからといって油断すると痛い目を見ます。


最も強いカードはポイント交換のくろいポポイですが、攻撃+100、LvMAXにすると素の攻撃力1131となるので、実質3393となり、紫ではプラスを振ったクールなシェゾに次ぐ攻撃力になります。


しかしコンビネーションの幅が少なく、ポポイはシェゾとコンビネーションが組めないのがネック。所持率が高いカードで組み合わせるなら、ダークアルル・くろいアコール先生・くろいポポイの単色コンビ、玄人向けなら くろいシグ・旅の賢者りすくま・くろいポポイの5色多色パコンビといった主に「ナゾ多き」で組んでいくのがベストでしょうか。


なお、他の全体攻撃キャラは攻撃+100でも約890、実質2670前後なので、その辺のカードよりも強いものの、コンビネーションが組みにくい上に体力タイプで体力が高いため、採用の余地は低い。

 

 

 

・釣りデッキ
主に1デッキ目にわざと弱いカードを並べ、2デッキ目から本気を出すタイプのデッキ編成のこと。
こうすることによって1デッキ目を整地目的に特化し、体力比率判定でほぼ負けることがなくなるので釣りデッキと言う割にはしっかりと戦略性のあるデッキではある。


釣りタイプにおいて「すずらん」「魔界王子」「魔人」といった「ターン終了時に攻撃が発生」するタイプを置くパターンが最も有名ですが、「魔人シリーズ」に関して言えば単色4個消し1連鎖だけでは勝てない場合もあるので、油断してると即効で落とされてしまうので注意が必要。

 

 

・ゾンビデッキ

イノハ、サゴ、ゲンサンという収集イベント特攻カードで「体力MAX時にタフネス」といういわゆるゾンビデッキが現れ始めています。

リアルタイムバトル時の回復の仕様は、かいふくの「合計数値分回復」するため、そのデッキの合計回復ステータス値が1000ならハートBOX1個で1000回復します。(クエストでは平均値)

そのため、体力と回復の差が少ない低レアリティの低レベルに回復プラス100を振るとえげつない生命力となります。

 

 

 

・便利なサイト
各ステータスランキングを載せてるwiki。デッキ組むときに参考にしています。
http://puyoque.rakuwiki.com/%E4%BD%93%E5%8A%9B%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0/
副属性一覧wiki。こちらも参考になります。
https://www50.atwiki.jp/puyoque/pages/904.html

 

 

 

・いわゆる「シャッター」「連鎖ツール」について
最近まで存在すら知らず、その方法にも驚愕しました。

 

「シャッター」とは、スマートフォンそのものの機能を使って制限時間だけを動かし盤面を動かなくさせる方法。画面上部を下に素ワイプして設定画面を表示する動作からシャッターという名前がついたと思われる。
初ターン初手なぞり消し後、盤面が操作不能になり「くるくる」が長時間表示される現象を経験したことがあると思いますが、それがシャッター行為だそうで。

これをすることにより、初ターン以降1回も動けないまま試合が終わらせることもでき、動くようにした場合はお互いの相手がCOMになる模様。

 

<詳しくは動画>※動画投稿者は別の方です

 

現状、運営に報告しても通信環境のせいにされるだけらしく解決方法が無い模様。確かに本当に通信環境が突然悪くなり偶然このような現象が誰にでも起こりうる可能性がある?ので、一概に「故意に」不正を働いているかどうかは判断ができない。(?)滅べ。

 


「連鎖ツール」とは、盤面に直接どこを消せば効率の良い連鎖ができるかを表示してくれるツールのこと。
特徴として、
「必ず5個なぞり消し」
「動き始めが毎回少し遅い」
「特殊アイテム出現時はツールが反応しない」(5個なぞりをしない行動が多くなる)
という特徴がある。

 

<詳しくは動画>※動画投稿者は別の方です

 

こちらも必ずしもツール使用を裏付ける証拠もなく、現状対策が無い模様。
個人的にはあくまで連鎖を助長するだけであり、同時消しが強い場合もあるし単色環境の今ではツールを使わない方が強く、場合によっては動き始めが遅くてノーガードで攻撃が通ることもある。逆にカモである。

しかしだからといってプレイ環境がフェアではないため、ツール使用は好ましくない。

 

これらの方法を書いたのは少しでも多くの人に知ってもらい、運営への報告を増やしてプレイ環境を改善、最終目的は利用者BANが目標です。
決して利用をうながすものではありません。あわよくばいち早くBANされてほしいと願うばかりです。

 

 

 

 

以上となります。

ここまで読んでくださりありがとうございました。長文お疲れさまでした。

author:田所リゲ介, category:ぷよクエ, 00:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:11
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://roadream1029.jugem.jp/trackback/242